be動詞を忘れないで!

初級の会話のときに、be動詞を忘れてしまうことがよくあります。
特に、形容詞や進行形の~ingを使うときに、is/am/areを忘れてしまいます。

文を作るときは、主語と動詞をバシっと決めてから、続きを言うようにしましょう。

be動詞で、たくさんのことが表現できます。
1. イコール (~です。):~は、名詞、形容詞、分詞(例~ing)などです。
2. 存在(います、あります。):場所は、前置詞+名詞を使って表現します。

それでは、練習してみましょう。次の文を英語にしてください。

1. 私は今、リビングにいます。
2. 私の犬が私の隣にいます。
2. 私は英語を勉強しているところです。
3. 私はとても幸せです。

答え
1. I am in the living room./I’m in the living room.
2. My dog is next to me./My dog’s next to me. または My dog is beside me./My dog’s beside me.
3. I am studying English./I’m studying English.
4. I am very happy./I’m very happy.

このように、今いる場所や、していることや、自分の気持ちをbe動詞を使って表現してみましょう。

Continue Reading

置き忘れる

次の文を英語にしましょう。

「電車に傘を置き忘れた。」

I forgot my umbrella on the train.だと思われましたか?

答えはI left my umbrella on the train. です。
「(どこかに)置き忘れる」は、leaveです。

forgetは、することを忘れたり、持ってくるのを忘れたりするときに使います。

それでは、次の文を英語にしましょう。(カッコは訳さなくても大丈夫です。)

1. 宿題を(するのを)忘れた。
2. 宿題を(持ってくるのを)忘れた。
3. 宿題をリビングに置き忘れた。
3. 宿題をバスに置き忘れた。

答え
1. I forgot my homework.
2. I forgot my homework.
3. I left my homework in the living room.
4. I left my homework on the bus.

Continue Reading

talk to とtalk with

talk toとtalk withは何が違うのかという質問がありました。

それでは、次の日本語を英語にしてみましょう。

1.(電話の終わりに)「それではまたね。」
2. お話しできてよかったです。
3. 私はボスと話をした。
4. 私はその犬に話しかけた。

talk toとtalk withは、どちらも同じで、「~さんと話す」という意味です。
talk toは「一方的に話す」、talk withは「対等に話す」と思われるかもしれませんが、
実際はそのようなはっきりした区別をせずに使われていると思います。

ただし、たとえば赤ちゃんに話しかけるときは、一方的になるので、talk to the babyにします。

答えは、次のようになります。
1. (I’ll) Talk to you soon.(慣用表現です。)
2. (It was) Nice talking to/with you.(どちらでもOKです。)
3. I talked to/with my boss. (どちらでもOKです。)
4. I talked to my dog.(一方的です。)

Continue Reading

wantとhope

希望を表す言葉に、wantとhopeがありますが、
使い方が違うので、注意しましょう。

wantは、want 名詞、want to V、want 人 to Vという形を取ります。
hopeは、hope for 名詞、hope to Vまたはhope that SVという形を取ります。

wantは「~が欲しい」、hopeは「~を願う、望む」と言う意味です。
want toは「~したい」で、hope toは、「~できたらいいな」という感じです。
wantの方が直接的ですね。

それでは、wantまたはhopeを使って、次の文を英語にしましょう。

1. 今、その映画を観たい!
2. そのDVDが欲しい。
3. またお目にかかりたいです。
4. 私たちは平和を望んでいます。
5. 彼に今すぐ帰ってきてほしい。

答え
1. I want to see the movie now! (ダイレクトな欲求です。)
2. I want the DVD.(ダイレクトです。)
3. I hope to see you again. (ちょっと控えめです。)
4. We want peace. またはWe hope for peace.
5. I want him to come back soon. またはI hope he will come back soon.

Continue Reading

進行形にできない動詞

次の文を英語にしてください。

1. 私は彼を知っています。
2. 私は彼が正直だと思っています。
3. 私は彼のことを思っています。

これらはすべて「~ています」で終わっていますが、
基本的にknowやthinkは状態動詞で、進行形にできません。

1.は、I know him.
2.は、I think he is honest.ですね。

thinkは考え方をしているという意味では進行形にできませんが、
考えるという行為であれば進行形にできます。

3.は、I am thinking about/of him. です。

Continue Reading

会えてうれしいです

「はじめまして」は、Nice to meet you. と言いますね。

では、すでに知っている人に会った場合、「会えてうれしいです。」は、何と言いますか?

答え:
Nice to see you. と言います。Good to see you. も良く言います。

このときにmeetと言わないのは、meetには「初めて会う」という意味があるからです。

Continue Reading

自動詞と他動詞

自動詞と他動詞についてご質問をいただきました。

自動詞は目的語が不要な動詞で、他動詞は目的語を取る動詞です。
動詞によって異なるわけではなく、同じ動詞でもどちらの性質も持っているものが多いです。

たとえば、singという動詞の場合は、
I sing. のときは 「歌う」という自動詞ですが、
I sing a song. のときは「歌を」という目的語を取っているので他動詞です。

それに対し、他動詞としてしか使わない動詞もあり、そのときは目的語がないと文が成り立ちません。
I have. 「私は持っている。」と言われても、「何を?」と疑問が残り、
I visit. 「私は訪問する。」と言われても、「どこに?」と疑問が残ります。
I have a dog. I visited Kyoto. のように、目的語を言って初めて文が成立します。

その一方で、自動詞の場合、後に名詞を持ってきたいときには前置詞が必要です。
I sang at the party. 「私はパーティーで歌った。」
I ran in the park. 「私は公園を走った。」

ここまでが基本です。

―――――

それでは応用問題を。

1. その飛行機は空港に近づいていた。(approachを使って)
2. 私はその会議に出席した。(attendを使って)
3. 彼女はその計画に反対した。(objectを使って)
4. 彼女はトムと結婚した。(marryを使って)

答え
これらはすべて、前置詞のtoを入れたくなってしまう動詞です。でも、他動詞の場合、toは要りません。
1. The plane was approaching the airport. (他動詞なのでtoは要りません。)
2. I attended the meeting. (他動詞なのでtoは要りません。)
3. She objected to the plan. (自動詞なので、前置詞が必要です。)
4. She married Tom. (他動詞なのでtoは要りません。)形容詞のmarriedを使って、She got married to Tom.と言うこともできます。

自動詞と他動詞の区別は、意味からでは推測できないことがあります。
自信がないときは、その都度辞書を引きましょう。特に辞書の中の例文を見ると分かりやすいです。

Continue Reading

~に行く(go)

goを使って次の文を英語にしてください。

東京に行く。
仕事に行く。
買い物に行く。
パーティーに行く。
旅行に行く。

答えは
go to Tokyo
go to work (go to schoolと同様、熟語のようなものです。)
go shopping (go ~ingで~しに行くという意味ですね。)
go to a party
go on a trip (旅行は行き先ではないので、toではありません。)

簡単な動詞ほど、丁寧に扱いましょう。

Continue Reading

ミスする

次の文を英語にしてください。

「私はミスした。」

I missed. だと思いましたか。
missは、~を逃がす、~を欠いている、~がなくて寂しいという意味です。

答えは、I made a mistake.です。

<missを使った例>
I missed the chance. チャンスを逃した。
This book is missing two pages. この本は2ページ足りない。
I miss you. あなたがいなくて寂しい。

それでは次回のブログもお楽しみに。
Don’t miss the next blog post!

Continue Reading

comeとgo

次の文をgoかcomeを使って英語にしてください。

1.(誰かに呼ばれて)「今、行きます!」
2.「私は先週、東京に行きました。」
3.「明日、そのパーティーに行くのだけれど、一緒に行かない?」

答えは、
1. I’m coming!
2. I went to Tokyo last week.
3. I’m going to the party tomorrow. Will you come with me?

このように、「行く」は必ずgoになるわけではありません。
1.のように、相手のところに行くときはcomeを使います。
また、3.のように、誰かに一緒に行くように誘うときもcomeを使います。

ところで、1.と3.は進行形を使っていますが、どちらも未来の意味です。

Continue Reading

スポーツをする

like toを使って次の文を英語にしてください。

「私はテニスをするのが好きです。」
「私はスキーをするのが好きです。」
「私は水泳をするのが好きです。」
「私は空手をするのが好きです。」

すべてplayを付けたくなりましたか?

答えは、
I like to play tennis.
I like to ski.
I like to swim.
I like to do karate.

球技はplay+スポーツ名ですが、スキー(ski)、スケート(skate)、水泳(swim)などはそのまま動詞として使えます。
空手、柔道、剣道などの武道はdo+スポーツ名です。

「何かスポーツをされていますか。」と尋ねるときは、
Do you play any sports?で構いません。
sportsという名詞はplayと相性が良いからです。

Continue Reading