Brakes

There are two types of brakes: drum brakes and disc brakes. Both braking systems use hydraulics.

<Drum brakes>

When the brake pedal is pressed, it moves the piston in the master cylinder, raising the pressure of the brake fluid in the pipes leading to the wheels. This pressure pushes pistons in the wheel cylinders, forcing the brake shoes out against the brake drums.

<Disc brakes>

Disc brakes use the same hydraulic system as that of drum brakes. A disc break has a disc, which is fixed to the wheel, and a caliper, which houses two brake pads and two hydraulic cylinders. The hydraulic pressure pushes pistons in the cylinders, pushing the pads against both sides of a spinning disk.


ブレーキは、ドラムブレーキディスクブレーキの2種類しゅるいがあります。どちらのブレーキシステムも油圧ゆあつ利用りようしています。

<ドラムブレーキ>

ブレーキペダルをむと、マスターシリンダーのピストンがされ、車輪しゃりんにつながっているパイプのなかブレーキオイル圧力あつりょく上昇じょうしょうします。この圧力によってホイールシリンダのピストンが押され、ブレーキシューブレーキドラムけます。

<ディスクブレーキ>

ディスクブレーキはドラムブレーキとおな油圧装置ゆあつそうちを利用しています。ディスクブレーキには、車輪に固定こていされたディスクと、2つのブレーキパッドと2つの油圧シリンダおさめたキャリパが付いています。油圧によってシリンダのピストンが押され、パッドを回転かいてんするディスクの両面りょうめんに押し付けます。

Continue Reading

Car suspension

The suspension of a car enables it to drive smoothly on the road. This system absorbs bumps and jolts caused from driving on rough road surfaces and maintains driving stability. A suspension system mainly consists of a coil spring, a shock absorber, and control arms.

Coil spring: This supports the car body and keeps the tire in firm contact with the road surface.

Shock absorber: This reduces the bouncing movement of the spring and provides a comfortable ride.

Control arms: These connect the car body to the wheel and keep the wheel upright.


サスペンションにより、くるま道路どうろをスムーズに走行そうこうすることができます。この装置そうちは、でこぼこのある路面ろめん走行そうこうにより発生はっせいするれや衝撃しょうげき吸収きゅうしゅうし、走行安定性そうこうあんていせい維持いじします。サスペンションはおもコイルスプリングショックアブソーバーコントロールアーム構成こうせいされます。

コイルスプリング:車体しゃたいささえ、タイヤを路面にしっかり接地せっちさせます。

ショックアブソーバー:スプリングのはずうごきをおさえ、心地ごこちをよくします。

コントロールアーム:車体を車輪しゃりんにつなぎ、車輪がまっすぐうえくように保持ほじします。

Continue Reading

Gasoline engines

A gasoline engine is called an internal combustion engine.

A gasoline engine burns a mixture of air and gasoline in cylinders. Each cylinder contains a piston. When the mixture explodes, the pressure generated forces down the piston. The piston then turns a crankshaft linked to the wheels.

Most gasoline engines are four-stroke engines. A stroke is an upward or downward movement of a piston.

<The cycle of a four-stroke gasoline engine

1. Induction stroke: The inlet valve opens. The mixture of gasoline and air enters the cylinder. The piston moves downwards.

2. Compression stroke: The inlet valve closes. The piston moves upwards, compressing the mixture.

3. Power stroke/Ignition stroke: The spark plug produces a spark, which ignites the mixture. The increased pressure forces down the piston.

4. Exhaust stroke: The outlet valve opens. The piston moves upwards, forcing the exhaust gases out of the cylinder. The outlet valve closes.


ガソリンエンジンは、内燃機関ないねんきかんばれます。

ガソリンエンジンは、空気くうきとガソリンの混合気こんごうきをシリンダーのなか燃焼ねんしょうさせます。それぞれのシリンダーのなかに、ピストンがあります。混合気こんごうき爆発ばくはつすると、圧力あつりょくしょうじて、ピストンをげます。そのとき、ピストンは、車輪しゃりんにつながったクランクシャフトを回転かいてんさせます。

ほとんどのガソリンエンジンは4よん行程こうていエンジンです。1行程いちこうていは、ピストンが上向うわむきまたは下向したむきに1かいうごくことです。

<4行程ガソリンエンジンのサイクル>

1. 吸入きゅうにゅう吸気きゅうきバルブがひらきます。ガソリンと空気くうき混合気こんごうきがシリンダーにはいり、ピストンががります。

2. 圧縮あっしゅく吸気きゅうきバルブがじます。ピストンががり、混合気を圧縮します。

3. 爆発/点火てんか:点火プラグが火花ひばなばし、混合気に点火します。上昇じょうしょうした圧力あつりょくで、ピストンをげます。

4. 排気はいき:排気バルブが開きます。ピストンが上がり、排気ガスをシリンダーのそとします。排気バルブが閉じます。

Continue Reading