Gasoline engines

A gasoline engine is called an internal combustion engine.

A gasoline engine burns a mixture of air and gasoline in cylinders. Each cylinder contains a piston. When the mixture explodes, the pressure generated forces down the piston. The piston then turns a crankshaft linked to the wheels.

Most gasoline engines are four-stroke engines. A stroke is an upward or downward movement of a piston.

<The cycle of a four-stroke gasoline engine>

1. Induction stroke: The inlet valve opens. The mixture of gasoline and air enters the cylinder. The piston moves downwards.

2. Compression stroke: The inlet valve closes. The piston moves upwards, compressing the mixture.

3. Power stroke/Ignition stroke: The spark plug produces a spark, which ignites the mixture. The increased pressure forces down the piston.

4. Exhaust stroke: The outlet valve opens. The piston moves upwards, forcing the exhaust gases out of the cylinder. The outlet valve closes.

ガソリンエンジンは、内燃機関(ないねんきかん)と呼(よ)ばれます。

ガソリンエンジンは、空気(くうき)とガソリンの混合気(こんごうき)をシリンダーの中(なか)で燃焼(ねんしょう)させます。それぞれのシリンダーの中(なか)に、ピストンがあります。混合気が爆発(ばくはつ)すると、圧力(あつりょく)が生(しょう)じて、ピストンを押(お)し下(さ)げます。そのとき、ピストンは、車輪(しゃりん)につながったクランクシャフトを回転(かいてん)させます。

ほとんどのガソリンエンジンは4行程(こうてい)エンジンです。1行程は、ピストンが上向(うわむ)きまたは下向(したむ)きに1回(かい)動(うご)くことです。

<4行程ガソリンエンジンのサイクル>

1. 吸入(きゅうにゅう):吸気(きゅうき)バルブが開(ひら)きます。ガソリンと空気の混合気がシリンダーに入(はい)り、ピストンが下(さ)がります。

2. 圧縮(あっしゅく):吸気バルブが閉(と)じます。ピストンが上(あ)がり、混合気を圧縮します。

3. 爆発/点火(てんか):点火プラグが火花(ひばな)を飛(と)ばし、混合気に点火します。上昇(じょうしょう)した圧力(あつりょく)で、ピストンを押(お)し下(さ)げます。

4. 排気(はいき):排気バルブが開きます。ピストンが上がり、排気ガスをシリンダーの外(そと)に押(お)し出(だ)します。排気バルブが閉じます。