Gasoline engines

A gasoline engine is called an internal combustion engine.

A gasoline engine burns a mixture of air and gasoline in cylinders. Each cylinder contains a piston. When the mixture explodes, the pressure generated forces down the piston. The piston then turns a crankshaft linked to the wheels.

Most gasoline engines are four-stroke engines. A stroke is an upward or downward movement of a piston.

<The cycle of a four-stroke gasoline engine

1. Induction stroke: The inlet valve opens. The mixture of gasoline and air enters the cylinder. The piston moves downwards.

2. Compression stroke: The inlet valve closes. The piston moves upwards, compressing the mixture.

3. Power stroke/Ignition stroke: The spark plug produces a spark, which ignites the mixture. The increased pressure forces down the piston.

4. Exhaust stroke: The outlet valve opens. The piston moves upwards, forcing the exhaust gases out of the cylinder. The outlet valve closes.


ガソリンエンジンは、内燃機関ないねんきかんばれます。

ガソリンエンジンは、空気くうきとガソリンの混合気こんごうきをシリンダーのなか燃焼ねんしょうさせます。それぞれのシリンダーのなかに、ピストンがあります。混合気こんごうき爆発ばくはつすると、圧力あつりょくしょうじて、ピストンをげます。そのとき、ピストンは、車輪しゃりんにつながったクランクシャフトを回転かいてんさせます。

ほとんどのガソリンエンジンは4よん行程こうていエンジンです。1行程いちこうていは、ピストンが上向うわむきまたは下向したむきに1かいうごくことです。

<4行程ガソリンエンジンのサイクル>

1. 吸入きゅうにゅう吸気きゅうきバルブがひらきます。ガソリンと空気くうき混合気こんごうきがシリンダーにはいり、ピストンががります。

2. 圧縮あっしゅく吸気きゅうきバルブがじます。ピストンががり、混合気を圧縮します。

3. 爆発/点火てんか:点火プラグが火花ひばなばし、混合気に点火します。上昇じょうしょうした圧力あつりょくで、ピストンをげます。

4. 排気はいき:排気バルブが開きます。ピストンが上がり、排気ガスをシリンダーのそとします。排気バルブが閉じます。

You may also like