Conservation of Energy

Energy can neither be created nor destroyed. Although it may be transformed into different forms, the amount of energy remains the same. This law is called the Law of Conservation of Energy.

For example, in a light bulb, electrical energy is converted to light energy and other forms of energy such as heat. The amount of the energy put into the bulb is the same as the amount of the energy coming out of the bulb.


エネルギーは、あたらしくしょうじたりなくなったりすることはありません。さまざまな形態けいたいうつわることはあっても、エネルギーのりょうおなじままです。この法則ほうそくエネルギー保存ほぞん法則ほうそくいます。

たとえば、電球でんきゅうなかで、電気でんきエネルギーは、ひかりエネルギーやねつなどのエネルギーの形態に変換へんかんされます。電球にはいるエネルギーの量と、電球からてくるエネルギーの量は同じです。

You may also like